4つの分野

地域に根ざしたまちづくりに求められる「4つの分野」

  • 組織化

    地域に根ざしたまちづくりを進めるため、ビジョンを共有し行動力を伴う協力関係をまちのなかに構築することです。行政、住民、商業者や各種関係団体等が連絡調整会議等を設置し、優れた人材の活用と育成、活動の定着化、資金調達の安定化を図ります。

  • デザイン

    まちなみ景観、建築ファサードや屋外広告物、道路附帯設備等、地域内の物理環境を、まちのイメージに配慮し整えることです。いっぺんに整えるのは難しいので、まちのイメージを共有し段階的に実現するため、デザイン計画を作成してまちを更新します。

  • プロモーション

    地区ならではの特徴を、来街者や商業者に加えて起業家や投資家等にもアピールすることです。販売促進活動や独自イベントや情報発信等、多様なプログラムやツールを通して、地域らしさを戦略的に活かします。まちづくり資金の獲得にもつながります。

  • 経済再生

    経済基盤を再活性するため、地域の産業や地域らしさを活かす取組み等と連携しながら、経済活動を多様化し強化することです。既存ビジネスの拡張や新規ビジネスの導入に加え、それぞれの効果を調査検証し、改善しながら戦略的に再活性化を図ります。