【レポート】まちづくりシンポジウム~小樽駅前地区に市民は何を求めるのか~

2018年12月1日(土曜日)に、小樽経済センタービル大会議室において、小樽駅前第1ビル周辺地区再開発準備組合主催による小樽市民を対象としたシンポジウムが開催されました。当協議会は平成27年度に研究会を立ち上げ、小駅駅前地区の事業化に向けた支援を行ってきており、本シンポジウムに対しても“後援”と言う立場で参画しました。以下にその概要をレポートします。

当日は、定員100名を大きく超える150名の方々に参加頂いたほか、シンポジウム中における会場からの質問も多く寄せられるなど、小樽市民の関心の高さが窺えました。


≪会場の様子≫

第1部は、まちづくり福井株式会社代表取締役の岩崎氏による「再開発事業における行政と民間の役割」と題する基調講演を頂きました。まちづくり福井株式会社は、2016年に福井駅西口にオープンした市街地再開発ビル「ハピリン」における屋根付き広場の指定管理者として運営に携わっているほか、駅周辺の再開発+リノベーションに向けた「エリアマネジメント協議議会」の立ち上げ・運営を行っており、ハピリンの集客をまちに広げる取組や、住民との連携の在り方などにご尽力されています。福井駅は2023年に北陸新幹線の開業が予定されていることから、これからの福井駅周辺に注目です。

第2部は、小樽商科大学大津ゼミナールの学生による市民アンケートの結果報告と、当協議会の研究会メンバーの川尻氏から活動報告がありました。市民アンケートでは、小樽駅前地区の現状における満足度と重要度の相関関係の報告、駅前地区の整備イメージにおける年代別の嗜好、高校生ワークショップの結果概要を発表頂きました。協議会の研究会活動報告では、研究会による現況分析や整備イメージ提案など、過年度からの取組を報告しました。

第3部は、フリーディスカッションと題して、協議会の森氏がファシリテーターとなって、前出の岩崎氏、大津教授、小樽商工会議所副会頭の平松氏、主催者から浅村氏の4名による討論が行われ、“人口減少・少子高齢化に対応した駅周辺整備に向け、地域・行政・経済団体の連携に加え、市民団体をどう参加させていくかがこれからの課題”、“観光客・市民が安心安全に利用できる駅前空間づくりが大事”、“小樽の資源である「海」と「歴史」をカネにできるしくみづくりが必要”、などの意見が取り交わされました。その後、会場から提出された多数の質問や意見の中から5件を採用し、各パネラーに回答を頂き、定刻の17時に閉会した。

レポート作成:

㈱シン技術コンサル 北海道まちづくり協議会 まちづくり支援事業部会 中山祐二

カテゴリー: まちづくり支援事業 | コメントをどうぞ

【レポート】平成30年度 まちづくり研修会

平成30年11月13日(火)、北海道経済センター8階にて平成30年度まちづくり研修会が総勢75名様のご参加をいただき開催されました。

 

最初の講演は、国土交通省北海道開発局事業振興部都市住宅課課長の篠宮章浩氏から、「北海道における立地適正化計画とまちづくり」というテーマでご講演頂きました。前半は、「都市の現状と課題」の分析、国土交通省が推進する「コンパクト・プラス・ネットワークの推進」についての具体的な施策、「北海道の現状と北海道総合開発計画」及び「立地適正化計画の制度と都市のスポンジ化対策」について概括的にお話頂きました。地方都市、特に5万人クラスの小規模都市では人口減少と高齢化が著しく、コンパクトシティ化に取り組むことによって、生活サービスの維持や行政コストの縮減と固定資産税の維持を図ることが急務であるとのことでした。もっとも、コンパクトシティ化推進は郊外を切り捨て、人々に住まいや働き場所の移転を強制するものではなく、「これ以上の新たな市街地拡大はしない」という合意形成からはじめて、緩やかな規制と誘導策で、時間をかけて都市の構造を変えていくものであることも強調していました。また、コンパクトシティ化を推進するにあたって低未利用の空間が相当程度発生するという「都市のスポンジ化」の対応も検討する必要があり、「立地適正化計画」を上手に活用すべきことが推奨されました。北海道においてコンパクトシティ化を推進するにあたって、北海道の強みである「食」・「観光」・「エネルギー」等の「生産空間」を支えるまちづくりを目指すべきであると力説されていました。後半は、「コンパクトシティの推進等に係る支援事業と整備事例」として、名寄市、恵庭市、釧路市、稚内市の各取り組みについて具体的な事例の紹介がありました。具体的には、名寄市については中心市街地の活性化を目的とした交通結節点に複合機能を導入した拠点整備の事例、恵庭市については複合機能を導入した再開発と区画整理の一体的整備による交通結節機能の強化と拠点の事例、釧路市については都市の中心拠点において民間施設を賃借して拠点施設を整備した事例、稚内市については鉄道駅と隣接する複合施設を再開発等により一体的に整備した事例の紹介がありました。

 二人目の講演は、遠軽町総務部地域拠点施設準備室参事の今井昌幸氏から、施策・事例紹介として「中心市街地に新たなにぎわいを~都市再生タスクフォースによる取り組み」という演題にて、遠軽町における取り組みの紹介がありました。

遠軽町の課題の分析から始まり、地域の具体的な課題に応える形で、若手職員が中心となって様々なアイディアを出し合った上で都市再生整備計画が立てられ、具体的な計画として、芸術文化活動の拠点施設整備の要望や老朽化した公共施設の建て替えの必要を踏まえて(仮称)えんがる町民センターの建設が決定されたこと、JR石北線の維持・存続のため鉄道広場の整備事情が決定されたこと等が紹介されました。

三人目の講演は、一般社団法人再開発コーディネーター協会調査研究委員会委員長の影山浩氏から、施策・事例紹介として「人口減少社会の再開発の方向性についてのケーススタディ」という演題にて、これまで10年以上にわたって関わってきた再開発事業の調査研究活動の経験を踏まえ、高齢者福祉施設等の導入について実施したアンケート結果の紹介や、具体的な事例ヒアリング結果の紹介を頂きました。高齢者福祉施設等を整備することで結果的に商業床の面積が少なくなり賑わいの創出効果が薄くなるとの懸念も示される一方で、人口減少社会・少子高齢化社会における「持続可能な都市構造」への転換における都市機能の集積手法として一定の評価も得られているとのことでした。また、具体的な事例ヒアリングとして、恵庭市西口地区、稚内駅前地区、多賀城駅北地区(宮城県)、大曲通町地区(秋田県大仙市)、柳ヶ瀬通北地区(岐阜県)、岐阜駅西地区、三田駅前Bブロック(兵庫県)、栄・常磐地区(長崎県佐世保市)での調査結果の報告がありました。

 パネルディスカッションは、3名の講演者をパネリストに迎えて、株式会社ドーコン都市・地域事業本部総合計画部参与の石塚雅弘氏をコーディネーターとして実施されました。

石塚氏から、パネルディスカッションにあたって、①街の中心拠点に求められる機能、②中心拠点の整備にあたっての資金調達・事業計画をどのように進めていくのか、③拠点形成にあたって合意形成をどのように進めていくか、④中心拠点を作った後にどのようにして維持継続させていくのか、の4つの論点に整理した上で、順次、各パネリストから意見を拝受する形で進められました。

①街の中心拠点に求められる機能については、影山氏からは、地域の課題をしっかりとらえて課題を解決する方向で検討することが有益である旨の意見が示されました。今井氏からは、郊外施設との競合の可能性も考慮して計画を立てる必要性があることなどの合併市町村ならではの検討課題が紹介されました。篠宮氏からは、北海道では広大な生産空間の拠点としての発想で中心拠点の機能が考える必要があり、産地直売所を整備する等して地域の産物を上手く情報発信することが提案されました。


②中心拠点の整備にあたっての資金調達・事業計画をどのように進めていくのかについては、今井氏からは、利用できる様々な補助金を検討することの重要性が力説されました。その他、事業リスクを軽減するために立地適正化計画を作る手法を検討したり、地方創成事業を利用する手法も紹介されました。

③拠点形成にあたって合意形成をどのように進めていくかについては、今井氏からは、ホームページでパブリックコメントが閲覧できるようにし、関係している団体に対して説明会を実施したり、出前講座を行っていることについての紹介がありました。その他、地元主催のワークショップを実施する等して地域の課題を地域の関係者みんなで解決するという発想で進めていくことの重要性が示されました。

④中心拠点を作った後にどのようにして維持継続させていくのかについては、今井氏からは指定管理者方式を行い民間の活力を導入していること、篠宮氏からは行政の方で5年に一度計画を見直していること、影山氏からはテナントが退去したことで管理運営に支障をきたした事例の紹介がありました。

最後に3名から総括の意見を頂きました。
今井氏からは、中心市街地で吹奏楽の音色が聞こえるような街にしたいとの抱負が語られました。
影山氏からは、地方都市の再開発はストック活用がまず検討されるべきであり、民間のやる気のある人の考えを行政が支援する形が望ましい旨の提案がありました。
篠宮氏からは、背景には生産空間があり拠点が失われると生産空間も衰退するので、生産空間を支えるまちづくりの重要性が改めて強調されました。

研修会の最後に岡本浩一副会長から閉会の挨拶がありました。岡本副会長からは、コンパクトシティ化推進の一方で自動運転を活用したまちづくりの方向性についての問題提起もありました。

13時に開演し、16:50に終わるという長時間の研修会でしたが、まちづくり制度についての概括的な説明のみならず、具体的な事例紹介、及び各講演者からの意見に至ることで、様々な制度について具体的な活用方法を理解することができ、地方都市の中心拠点作りの実務に携わる上での実践的な知識を身に付けることができました。今後とも同様の研修会があれば是非参加したいと思います。また、制度設計や合意形成にあたって、法律家の関与の必要性も実感いたしました。今後、法律家としてまちづくりに関する情報発信も積極的に行っていきたいと思います。

[レポート:札幌英和法律事務所 弁護士 田中康道]

カテゴリー: 交流研修事業 | コメントをどうぞ

【レポート】平成30年度 第3回 会員交流研修会~さっぽろ創世スクエア視察会~

平成30年1月8(木)、さっぽろ創世スクエアにおいて視察会が開催されました。

さっぽろ創世スクエアは、都市再開発の一環として、札幌市が平成26年2月に「札幌圏都市計画第一種市街地再開発事業(札幌創成1.1.1区北1西1地区)を決定し告示を行い、同年5月に事業計画が決定、同年6月に再開発組合を設立しました。

再開発事業は、「札幌創成1.1.1区北1西1地区第一種市街地再開発事業」として札幌創世1.1.1区北1西1地区市街地再開発組合が中心となり整備を行いました。
施設は大きく分けて高層棟、低層棟の2棟からなり、公共施設となる、札幌文化芸術劇場、札幌文化芸術交流センター、図書館と、民間施設となるオフィス事務所、放送局、地下駐車場、地域冷暖房プラントを備えている大規模複合施設となります。

 視察会は、まず8F階会議室において視察会に関する注意事項等の説明をいただき屋上へと移動しました。

 

 

 

 

屋上に上り、遮るもののない景色に見とれておりましたところ、遥か北側に石狩湾を望むことができました。

この日、生憎の天気で雨が降ったため残念ながら、安全上の配慮からヘリポートに上ることはできませんでした。

 

 

 

次に、エレベーターで25階から地下4階のDHC施設(District Heating &Cooling)の視察へと移動しました。施設はまだフル稼働していないとのことでしたが、様々な機械が稼働していりました。

地域冷暖房施設の特徴として、環境配慮や低炭素まちづくりに貢献するために、天然ガスを使用した発電、発電により排出される熱を利用した温水利用、自然エネルギーを利用した冷水利用しビルへ供給しているとの説明に皆、聞き入っておりました。

 

 

次に、北海道テレビ放送(HTB)様の視察に移動し、テレビスタジオの見学を行いました。

今回、視察時間に少々余裕がありましたのでHTB様のご厚意で、特別に放送前の「イチモニ」・「イチオシ」のスタジオ見学をすることができました。

 

最後に、札幌市民交流プラザへ移動し札幌文化芸術劇場「hitaru」の視察へとなりました。

劇場内へ移動し劇場に関する説明をいただき、劇場内の視察を行いましたが、劇場の広さや、上階席の高さに参加者の皆さんは圧倒されておりました。

3階席へ移動し舞台を見下ろしたときも参加者の皆さんは驚いておりました。

控室・練習室の見学の後舞台袖へ案内され道内初の多面舞台を視察いたしました。

長時間の視察を終え参加者は建物の大きさや、新しい取り組みにについて理解を深めていたようです。

(レポート:セコム㈱北海道本部 北まち 交流研修部会員 中瀬 浩貴)

カテゴリー: 交流研修事業 | コメントをどうぞ

【レポート】平成30年度 第2回 会員交流研修会

北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業 現場見学会~

平成30年10月11日(木)、北4東6周辺地区第一種市街地再開発事業の現場見学が開催されました。

事業は3つの地区に分かれており、地区ごとの完成イメージ、具体的な施工方法等につい て説明をして頂いた後、現在施工中の第一工区で建設中のツインタワー高層マンションへ移動しました。

 

 

 

まずは作業用エレベーターで14階まで上り、角部屋のベランダから施行中の中央体育館やエネルギーセンター、第二工区について説明をして頂きました。下の階へ降りながら徐々に完成していく部屋を見つつ、1階まで降りた所でマンション2棟をつなぐ共用棟の説明があり、その後中央体育館へと移動しました。

 

 

中央体育館では内部を一周しながらアリーナ、アーチェリー室、ボクシング室など、スポーツ毎の部屋を見学しました。

 現場見学は、普段見ることのできない施工の様子や現場の方の話を聞くことができ、貴重な体験となりました。第二工区でも見学の機会があれば、是非参加したいと思います。

 

 

 

[ レポート:(株)シン技術コンサル 技術第3部 鹿野悦史・船橋さと美 ]

カテゴリー: 交流研修事業 | コメントをどうぞ

THE座談会 3《第7回》計画力、企画力、住民力を一緒に磨いていく

まちがもっと素晴らしい感じになるのだろうなといったことがあったら…

《第7回》 計画力、企画力、住民力を一緒に磨いていく

《辻井》
そろそろ予定の時間になりますので、それぞれのお立場で暮らし方、住まい方、エネルギーのこととかを提案するお立場のお仕事をしていらっしゃるので、これから求められるまちのあり方、暮らし方。あるいは、今のニーズに対して、こういった暮らし方を提案していけたら、まちがもっと素晴らしい感じになるのだろうなということがあったら、保坂さんから順番に、お願いします。宮坂さんのおっしゃる「モヤモヤしていると」いうところを受けて、モヤモヤのスッキリに向けて。

《保坂》
私、建設会社の人間としてということとは別に個人的な思いなのですけれども。もう少しエリアごとに個性があってもいいのではないかと思うのです。

多分、先程おっしゃられたことと似ているのかなと思うのですけれど。東京には、何々街、問屋街、ここは革製品を売っているというところが、すごくエリアごとに強く出ていると感じます。なかなか札幌の規模だとそこまではいかないと思うのですけれども。おっしゃられたように私みたいに子供がいて庭付の一軒家が欲しいという人たちに向けて、ここはこういうコンセプトでいきます。

住んでいる人たちが満足するような…

たとえば、都心だけれど芸術系を楽しめますだとか、札幌駅北口でいうと北大があるから学生の活力を感じながら本屋さんがたくさんありますよとか、そういうようなエリアごとにエリアに住んいでる方たちがもっと意識して打ち出していけて、それと同時に我々のようなデベロッパーですとか、一緒にまちをつくっていくものもそれに参加していければ、もっともっと各方面で小さなエリアでも特色のある、住んでいる人たちが満足するようなまちづくりができるのかなと思いますね。

《辻井》
まちのリノベーションというのはエリアでどう価値を高めるかということが非常に大事だということですね。おっしゃった通りエリアカラーの作り方は非常に大事なポイントになってきそうですね。ありがとうございます。

《市橋》
自分は、まさにエネルギーの仕事に携わっておりますので、ガスと電気を皆さんにお使いいただいている立場として、当然建物一つ一つにガスと電気を供給するという考えなのですが、これからは、どちらかというと、まさにエリアで電気を融通し合う、熱を融通し合うという考え方に変わっていくべきなのだろうなというふうに思います。

《辻井》
それは、インフラのリノベーションを地域の仕組みに組み込むということなのでしょうか。

《市橋》
リノベーションというよりも、やはり効率よく使っていこう、無駄のないということですね。

たとえば、原子力発電が悪いとはなかなか言いにくい部分もあるのですけれども、原子力発電で電気を起こすと必ず熱が出ます。今その熱は全部捨てているのです。ですから海水温が上がり、周辺の海水は温かいのです。

そうではなくて、その熱をしっかり使いましょう。それをエリアで熱を分け合って融通し合う。例えばですけれども、我々も2年後に新しく社屋を建てるのですが、そこに天然ガスのコージェネレーションというものを入れて、そこで電気をつくろう。その余熱は、熱供給公社というのがあるのですけれども、そこに熱を全部出そうと。熱も捨てずに使うことがこれから電気と合わせて、それは環境にも繋がりますし省エネにも当然繋がっていくということで、建物ひとつひとつではなくてエリアで電気と熱を使っていくということが重要なのだなというふうに思っています。

建物ひとつひとつではなくてエリアで…

《辻井》
それもエネルギーのシェアみたいな考え方ですね。

《宮坂》
まちづくりをずっとやってきたのですけれども、まちづくりは誰かが犠牲になることもあるのです。良いことばかりではないと思うのです。だから本当にしようと思ったら、そこのために何かを捧げて、自分の利益じゃなくてまちのため、皆のため。しいては国民のために本当は政府がやってくれるのが根本なのですけれど。本来はそこからいくべきと思うのですが、反対に私たち小さな個人が自分のためではなくて誰かのためにして、それで皆が豊かになるという考え方をまちづくりの基本にしていけたらどこのまちづくりもうまくいくと思うのです。

一番、私も色々やっていて、行政が一番動きにくい。自分たちのことしか考えていないように感じることもあります。

行政が一番自分たちのことしか…なるほど

《辻井》
行政が一番自分たちのことしか考えていない。なるほど。

《宮坂》
だから、いくらいっても行政の壁に遮られてしまうというのが琴似のまちづくりをやっていても感じた点なのです。

《辻井》
それは、色々やってはだめ、これやってはだめ、一緒にやらないとか、そういうこと?

《宮坂》
規制があって、税金のこととか色々なことがあっても、皆が一生懸命やっているのに控除とかそういうものに関して、ここでだめですよみたいな。そうすると、やっぱりやらなくなってしまう方もいると思うのです。一生懸命、皆のためにやっているのに。だから行政がもう少し、本当にやってくれているのはどこだろう。

たとえば札幌市なら、札幌市のためにやってくれていることはなんだろう、というところをもう少しちゃんと見極めることのできる人たちになっていただけると、もっともっとまちづくりが広くやっていけるのかなと。

まちづくりは、大きな企業さんがドンと主導権を握ってやっていただけるともっと早いと思うのです。何たってお金、資金力がアレなので。そういうふうに下から、個人が一生懸命やって、企業が一生懸命やって、それなら行政もやるかと。多分、下からこうやってあがっていかなければならない時代なのかなということを感じています。

《辻井》
ありがとうございます。

《森オブザーバー》
今の宮坂さんの発言と、市橋さんの発言も気になっていて、まちが変化していくという場合、再開発という手法で最もドラスティックに変わっていっていると思うのです。

でも、今の話を聞いていくと、そういった手法に関わらずエリアとして何かを目指していくという視点が行政にも必要で、再開発は再開発法という法律に縛られて事業をやっていくわけじゃない。そこにこのエリアで何を目指すのかみたいなことをきちんと話していく。そこに宮坂さんがおっしゃった企業が参入するには何を目指すのかという目的とか機能とか、明確にあった方が企業は入りやすいですよね。

そういった視点を持っていくセンスというものがこれからのまちづくりを担う方々には必要なのではないですか。

《宮坂》
私の言いたいことはそれなのです。

私の言いたいことは…

やはり大きな企業さんを引き付けるだけのアイディアを出せる人材。下から一生懸命やっていくことを上に。本当は違うのですよ。一番上の皆が一生懸命やっているから皆がやっていくというのが本当はその方が楽なのですけれども、今の世の中はそうではないので。結局個人が一生懸命やって、これだけ一生懸命やっているのなら、ということで企業さんが参加して、企業さんが一生懸命やると行政も動くとか、そういう形の時代なのかな。

 

《森オブザーバー》
そういった計画力、企画力そして住民力を一緒に磨いてく必要があるのでしょうね。

《辻井》
今回は、まちのリノベーションあるいはリノベートを考えるというテーマで、皆さんにお話をいただきました。これは一回で終わるようなテーマではないので、協議会としてもまちの中心を考えるというテーマの中でリノベートの可能性を議論していくことになると思いますので、広げてまいりたいと思います。
今日は、皆さん、どうもありがとうございました。

 

《第7回》 ここまで

【THE座談会3】はこれが最終回です。最後までご覧下さりありがとうございます。

————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————————
【THE座談会3】
《第1回》 座談会メンバー、それぞれのまちの今
《第2回》 ライフスタイルの変化と交通の利便性の関係
《第3回》 まちの昼の顔と夜の顔、そしてエリアでの暮らし方
《第4回》 モノやコト、居住空間をシェアするということ
《第5回》 地域コミュニティとコミュニケーションの昔と今
《第6回》 エリアごとの個性をいかすエリアリノベーション
《第7回》 計画力、企画力、住民力を一緒に磨いていく

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

カテゴリー: 連載企画 THE座談会 | コメントをどうぞ